介護福祉士国家資格を取得して、日本で活躍してみませんか!

留学生の皆様

信州介護福祉専門学校では、日本で介護福祉士の資格取得を目指している留学生を積極的に受け入れています。

在留資格に「介護」が創設

介護福祉士の資格を有する外国人が介護施設等との契約に基づいて、介護の業務に従事するための在留資格が創設されました。
(在留資格「介護」の対象者は、日本の介護福祉士養成施設を卒業し、介護福祉士の資格を取得した方に限られます。)

留学から在留資格「介護」で就職するまでの流れ

介護福祉士の仕事

高齢者の方や障害のある方に対して、食事や入浴など身の回りの世話を行い、自立した生活が送れるように手助けをします。人の役に立ちたい!という思いがある人に向いています。

サポート体制

●介護に必要な日本語を徹底サポートします。
●留学生対象に「学費が2年間で最大450,000円免除」される制度があります。
 (制度を受けるには条件があります)
●本校関連の福祉施設が多数ありますので、アルバイトの紹介ができます。
●介護に必要な日本語を徹底サポートします。

学校説明会

本校の学校説明会日程以外でも、ご希望に合わせて個別説明及び校内見学等を随時行っていますので、お気軽にご連絡ください。(土曜、日曜、祝祭日、時間外も可)
<13:00開催学校説明会> 6/9(土)、7/14(土)、8/4(土)、12/1(土)、2/2(土)、3/11(月)
<15:00開催Night Open Campus> 7/27(金)、2/22(金)
<入学説明会> 9/8(土)

オープンキャンパス申込みフォームはこちら

募集要項

■募集定員・修業年限

学科名 修業年限 募集定員
介護福祉学科 昼間課程 2年制 30名(男・女)

■入学試験日程等

出願期間 試験日 選考通知日 入学手続期間
1 2018年9月24日(月)
~2018年10月1日(月)
2018年10月6日(土) 2018年10月11日(木) 2018年10月12日(金)
~2018年10月22日(月)
2 2018年11月5日(月)
  ~2018年11月12日(月)
2018年11月17日(土) 2018年11月21日(水) 2018年11月22日(木)
~2018年12月3日(月)
3 2018年11月26日(月)
 ~2018年12月3日(月)
2018年12月8日(土) 2018年12月12日(水) 2018年12月13日(木)
 ~2018年12月25日(火)
4 2019年1月7日(月)
 ~2019年1月15日(火)
2019年1月19日(土) 2019年1月23日(水) 2019年1月24日(木)
~2019年2月4日(月)
5 2019年1月21日(月)
 ~2019年1月28日(月)
2019年2月2日(土) 2019年2月6日(水) 2019年2月7日(木)
 ~2019年2月18日(月)
6 2019年2月18日(月)
 ~2019年2月25日(月)
2019年3月1日(金) 2019年3月6日(水) 2019年3月7日(木)
~2019年3月14日(木)
7 2019年2月28日(木)
 ~2019年3月7日(木)
2019年3月14日(木) 2019年3月16日(土) 2019年3月18日(月)
 ~2019年3月25日(月)

■出願資格

(1)留学ビザ取得可能な18歳以上の外国籍を有する者で、12年以上の学校教育を修了しており、次の①~④のいずれかの条件を満たしている者。
①日本語能力試験N2以上に合格している者。
②日本留学試験日本語科目について200点以上を取得している者。
③BJTビジネス日本語能力テストで400点以上を取得している者。
④法務大臣告示の日本語教育機関の1年以上のコースにおいて6ヶ月以上の日本語学習歴(出席率80%以上)がある者。但し、短期滞在による学習歴は含まない。

(2)卒業後、高齢者福祉施設や障がい者施設に就労を希望する者。

(3)本校在学中の学費、生活費が支弁できる者。

■出願書類

出願書類 説  明
1 入学願書 本校所定用紙(様式1)使用
写真(4㎝×3㎝)は3ヶ月以内に撮影したもの
2 受験票 写真(4㎝×3㎝)は3ヶ月以内に撮影したもの
3 履歴書 本校所定用紙(様式2)使用
4 志望理由書 本校所定用紙(様式3)使用
5 誓約書
(志願者・身元保証人)
本校所定用紙(様式4)使用
身元保証人は日本在住の者に限る
※身元保証人が個人の場合は、在職証明書(自営業の場合は、営業許可証のコピーまたは納税証明書のコピー)、団体の場合は登記簿謄本も提出すること
6 健康診断書 1年以内のもの
7 卒業証明書(本国) 本国における最終卒業学校の原本
英語以外の言語で記載されている場合は、日本語訳を添付すること
8 成績証明書(本国) 本国での最終卒業学校の原本
英語以外の言語で記載されている場合は、日本語訳を添付すること
9 成績証明書(日本) 日本語学校または日本における最終卒業学校の成績証明書の原本
10 出席率証明書(日本) 日本語学校または日本における最終卒業学校の出席率証明書の原本(毎月とトータルの出席状況及び出席率が記載されているもの)
11 卒業(見込み)証明書
(日本)
日本語学校または日本における最終卒業学校の卒業証明書の原本、在学中の場合は卒業見込証明書を提出すること
12 日本語能力証明書
(受験者のみ)
日本語能力試験の合否結果通知書のコピー、または日本留学試験(日本語科目)の成績通知書のコピー、またはBJTビジネス日本語能力テストの成績通知書のコピーを提出すること
13 パスポート 印字があるページ全てのページのコピー
面接日当日には原本を持参すること
14 在留カード 表と裏のコピー
試験日当日には原本を持参する
15 選考料 15,000円(日本円で納入のこと)
不合格の場合でも返金しません
16 経費支弁に関する書類 下記A~Cのうち、該当する書類一式を提出すること

■経費支弁に関する書類

経費支弁に関する書類は、次の3つのケースにより、提出するものが異なります。
(2名以上が共同で支弁する場合は、全員の書類が必要になります。)

A 出願者本人が支弁する場合

B 出願者の本国にいる親族が学費などを送金する場合

C 日本在住者が学費などを支弁する場合

A 出願者が経費支弁する場合の提出書類

経費支弁書 本校所定用紙(様式5・支弁者が個人の様式)
預金残高証明書 2年間の学費、生活費に相当する残高以上が必要
在職証明書 出願者が在職中の場合
年収入証明書 出願者が在職中の場合
過去3年間の年収がわかるもの
納税証明書 出願者が在職中の場合
過去3年間の納税額がわかるもの

B 出願者の本国にいる親族が経費支弁する場合

経費支弁書 本校所定用紙(様式5・支弁者が個人の様式)
留学費用送金合意書 本校所定用紙(様式6)
親族関係証明書 出願者と経費支弁者の関係がわかるもの
親族関係公証書、戸籍謄本、戸口簿
在職証明書 職業や職務内容・地位・在職歴に関する証明書
営業許可書(コピー) 経費支弁者が経営者の場合
年収入証明書 過去3年間の月収、年収入がわかるもの
納税証明書 過去3年間の納税額がわかるもの
預金残高証明書 2年間の学費、生活費に相当する残高以上が必要

C 日本在住の者が経費支弁をする場合

<個人>
経費支弁書 本校所定用紙(様式5・支弁者が個人の様式)
留学費用送金合意書 本校所定用紙(様式6)
印鑑登録証明書 市区町村の発行したもの
住民票 世帯全員が記載されたもの
在留カード 経費支弁者が外国籍の方の場合
職業証明書 職業や職務内容・地位・在職歴に関する証明書
(会社役員の場合は登記簿謄本、自営業者の場合は確定申告書の写し、会社員の場合は在職証明書)
納税証明書 市区町村発行のもので、「個人年間総所得」が記載されているもの
預金残高証明書(原本) 2年間の留学を支援できる残高以上が必要
出願者と経費支弁者との
関係を証明するもの
日本在住の親族の場合
戸籍謄本・親族関係を証明する公証書など
<団体>
経費支弁書 本校所定用紙(様式5・支弁者が団体の様式)
留学費用送金合意書 本校所定用紙(様式6)
登記簿謄本 履歴事項全部証明書
3か月以内に発行されたもの

■出願方法

出願書類に選考料を添えて本校受付に提出してください。
受付時間:月~金曜日 午前9時~午後5時(土・日・祝日は窓口受付休み)

■選考方法

出願区分 選考料 選考方法
外国人留学生一般入試 15,000円 書類選考 日本語試験(60分) 面接

■入学手続き

合格者は、入学手続期間中に1年次前期納入分655,000円を銀行振込みにて納入してください。(銀行振込手数料は、本人負担です。)

<2年間の学費内訳>

納入期

内 訳 昼間課程2年制
年次 前 期 後 期
1年次 入学金 150,000円
授業料 350,000円 350,000円
施設設備費 100,000円 100,000円
実習費 30,000円 30,000円
教材費 25,000円 25,000円
各期納入額合計 655,000円 505,000円
初年度納入額合計 1,160,000円
2年次 授業料 350,000円 350,000円
施設設備費 100,000円 100,000円
実習費 30,000円 30,000円
教材費 25,000円 25,000円
各期納入額合計 505,000円 505,000円
年次納入額合計 1,010,000円

◆上記の他に、教科書代金や実習着代金が別途必要になります。
<1年次後期以降の学費について>
◆1年次学費の後期分は、2019年9月25日までに納入していただく予定です。
◆2年次の学費は、年2回の分納(前期分は前年度3月、後期分は9月)になります。

合格から入学までの流れ

合格通知
合格通知書と共に学費納入のご案内を送付します。

学費納入
入学手続き期間内に1年次前期納入分655,000円を銀行振込にて納入してください。
※2019年3月31日までに入学辞退の申し出があった場合に限り、選考料と入学金を除く学費を返金いたします

入学許可書
本校にて学費入金確認後、入学許可書を発行いたします。
2月下旬頃、入学式・新入生オリエンテーションのご案内を郵送します。オリエンテーションは3月下旬に予定しています。

入学
入学式は4月上旬です。

留学生対象授業料減免制度

2年間で最大450,000円免除!
その1 入学金から50,000円 1年次授業料から200,000円免除
その2 2年次授業料から200,000円免除
※この制度を受けるには、成績・出席率等の条件があります。
※この制度を希望する場合は事前に申請が必要となりますので、本校までお問い合わせください。

奨学金

医療法人社団敬仁会・社会福祉法人平成会奨学金制度

介護福祉士の国家資格取得後、医療法人社団敬仁会・社会福祉法人平成会どちらかの法人で働く意志のある方を対象とした奨学金制度があります。詳細は本校へお問合せください。

日本学生支援機構奨学金

人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学困難な者で、一定の基準を満たす者の中から選考の上、奨学金が貸与されます。

先輩からのメッセージ

エストリージョ ラブリー バティクアンさん

フィリピン出身

 私が介護福祉士を目指したきっかけは、人から「ありがとう」と言われることがとても嬉しく、人の世話をするこが好きだったからです。
私は日本に来た2年前から介護施設でアルバイトをしています。始めはとても大変でしたが、利用者様の笑顔を見るととても嬉しくなり、この仕事が好きになりました。私はフィリピンで3年程看護師の仕事をしていたのですが、人の世話をする仕事は天職だと思っています。
介護福祉士の仕事は、コミュニケーションが大切なのでもっと日本語が上手くなりたいです。難しい漢字も多くて大変ですが頑張りたいと思います。
この学校を選んだ理由は、先生方が優しくて、楽しく勉強ができそうだと思ったからです。勉強でわからないことがあればすぐに先生に聞くことができますし、学校生活はとても楽しいです。
私は将来利用者様やそのご家族を笑顔にできる素敵な介護福祉士になることを目標に勉強を頑張りたいと思います。

モレノ マリー ステラ ビ サバンパンさん

フィリピン出身

 私の夢は、日本に住んで働くことです。2年前、留学生として日本に来るチャンスが訪れ、すぐに留学することを決めました。日本に来てまず日本語学校に入り、日本語を勉強しながら介護のアルバイトをしたのですが、それをきっかけに介護に関心を持ちました。
高齢者の生活を助けることや求められているニーズを理解することにやりがいや楽しさを感じました。その人の人生に寄り添える仕事は非常に価値があると思いました。
そして今、信州介護福祉専門学校で介護福祉士になるための勉強をしています。介護の仕事は、利用者様はもちろん同僚とのコミュニケーションが大切です。将来的には利用者様への効果的なサポート、適切なケアを提供できるようになりたいと思っています。
言葉の壁にぶつかったり、ホームシックになったり大変な時もありますが、忍耐と向上心を持って、介護福祉士の資格を取得して日本で働くという夢に向かって頑張りたいと思います。

よくある質問

Q.日本人の学生と友達になれるか心配です。

本校は少人数制でアットホームな雰囲気です。また、月に1回の学生交流会や学校祭など様々な行事がありますので、そのようなイベントを通して仲良くなれます。

Q.日本語の授業がわかるか心配です。

1年生で介護に必要な日本語をしっかり勉強します。わからないことがあればすぐに教員に相談できるサポート体制も整っています。

Q.学費の支払いに不安があります。

分納や延納などのご相談を受け付けておりますので、早めにお申し出ください。

Q.アルバイトはできますか?

できます。ただし、施設での実習期間中(2年間で4回、最長1ヶ月)はアルバイトができませんので注意してください。なお、「留学」ビザの場合は週に28時間を超えてアルバイトはできませんので、必ず守ってください。

Q.就職ができるか心配です。

本校は開校以来就職率100%です。2年生になると、履歴書の書き方や面接の指導もしますので安心してください。

PAGE TOP